子供の塾選びで大切なことって

おけいこ事でも学校選びでも同じですが、塾選びに一番大切なことは子供の性格や資質が塾の方針や教え方、教師の雰囲気などとマッチするかどうかです。比較的大集団で学ぶタイプがいいのか、少人数や個別で学べるタイプがいいのかの見極めも重要です。 もちろん、志望校がすでに明確な場合や、ある程度固まっている場合などは、その学校への合格実績を重視して決めることも一つの考え方です。合格実績は志望校の合格を果たすためのノウハウを十分に持っていることの指標となりますから、効率的に合格を目指す学習を選択できるという点では有効です。 ただし、こうした方針で選ぶ場合には注意が必要です。合格実績というメリット以外の部分で、引っかかる点はないか、子供との相性は本当にいいのか、を十分に吟味することも大切になります。 たとえば、テスト後は成績順に席次が決められる、志望校を勝手に決められてしまう、宿題が膨大すぎる、など大きなプレッシャーを与えて学習に駆り立てるタイプの塾は、明らかになじまないタイプの生徒もいます。プレッシャーに弱かったり、自信をなくしやすいタイプですと、こうした塾に通わせて落ちこぼれると、塾がいやになるだけでなく、勉強や受験への意欲も失う可能性もあります。 志望校への合格実績が必ずしも高くない塾でも、子供によっては自分が上位にいられることで余計な劣等感を持たず、精神的な余裕を保ちながら、着実に実力をつけられる場合もあります。柔軟な選択が合格という最良の結果をもたらす可能性も決して低くありません。 相性や合格実績以外にも塾選びに欠かせないポイントがあります。それは、ママ友をはじめとする情報発信源から聞こえてくる噂に踊らされないということです。誰々君や誰々ちゃんがこの塾であの塾で成績がうなぎ昇りに上がったという情報を耳にする機会は少なくありませんが、それが自分の子供に当てはまるかどうかは未知数です。噂を頼りに塾をうつると、思うような結果が出ないとまた次、また次ということにもなりかねません。親御さんたちは、自分たちの目でしっかり確認する、という姿勢も大切になります。